1994年生まれ・広島出身・男性が人生100年時代に向けて健康寿命を延ばすためのブログ

明日をつくる健康のお品書き

【カルテ1】動脈硬化とは?実態と原因を探る!

更新日:

動脈硬化ってなに?





安芸守
あれ…ここって「明日をつくる健康のお品書き」…?
おーい、ナース子さーん?
こんにちは!安芸守さん。
医師守
安芸守
ナース…わっ!誰、あんた!?
あんたとは失礼なひとですね…。
医師守
安芸守
いやいや急に出てくるのが悪いんですよ。誰ですか?
てか、ナース子さんはどこですか?
私は医師守と申します。
一度お会いしているんですけど覚えていませんか?
医師守
安芸守
いや…記憶にないっすね…💦
ハハハ、まぁ覚えているわけありませんよね。
あの時あなた、二日酔いでダウンしていましたからね。
医師守

安芸守が二日酔いしていたお話はこちらから→

身体に良いお酒とは!?
【第5話】飲酒効果を最大限発揮できる身体に良い3つのお酒とは!?

前回のお話で身体の体質によって適量飲酒は心筋梗塞などの冠動脈疾患での死亡率を低下することを知ることができた安芸守。 2つの遺伝子情報からアルコール耐性や将来の健康障害リスクを知り、適切な飲酒アドバイス ...

安芸守
いやそんなことより、ナース子さんは…?
この講義は私の担当ですよ。ナース子さんから聞いていませんか?
医師守
安芸守
いや…聞いてないし…ナース子さんの講義となにが違うんですか?
ナース子さんの講義は健康寿命を延ばすために日々の生活や食事で気を付けたりすること、予防策がメインです。
医師守
安芸守
はい。
反対に私は健康寿命を延ばすには欠かせない用語を取り上げて、その用語はどんな症状でどんな原因があるかなどを教えています。
医師守
安芸守
つまり…知識的なことがメインだということですね。
おっしゃる通りです。ですが、この講義がきっかけで日々の生活を見直してくれれば幸いです。
医師守
安芸守
…。
どうされました?
医師守
安芸守
グッドタイミングです!
うわっ!急に大声出してびっくりするじゃないですか!どうしたんですか!?
医師守
安芸守
いや…ナース子さんの講義を聞いている時にこういった症状があるとか用語が出てきても意味が分からない時があって…💦
もっと具体的に知りたいなって思ってたところなんです。
それはそれは。お役に立てそうでなによりです。
医師守
安芸守
ほんまありがとうございます。早速お願いします!
やる気があることは良いことです。一緒に学びましょう!本日は動脈硬化についてです。
医師守
安芸守
動脈硬化ですね!お願いします!(できれば…ナース子さんがよかったけど…💦)




知っていますか?動脈硬化のこと?

さて安芸守さんは動脈硬化のことを知っていますか?
医師守
安芸守
う~ん、用語だけは聞いたことありますけど詳しいことまで知らないです…💦
素直に分からないということは素晴らしいことですよ。
医師守
安芸守
ナース子さんに注意されたことあるんで、気を付けています
実践されていて素晴らしいですね。さて話をもとに戻しますが動脈硬化という用語を聞いたことあるけどあまり詳しく知らないって方、実は多いんです。
医師守
安芸守
なんか…身体には良くない用語として独り歩きしている感じですよね。
まさにその通りなんです。ところで安芸守さんは動脈硬化ってどんな意味だと思いますか?
医師守
安芸守
えっ、血管が硬くなって血の巡りが悪くなることじゃないんですか?
ニュアンスとしては近いです。しかしちょっだけ違います。
医師守

動脈硬化とは!?

ここでは動脈硬化について簡単ではありますがご紹介させて頂きます。

みなさん、動脈硬化という言葉を聞いたことはありますでしょうか?多分、1度は必ず聞いたことのある言葉だと思います。

まずは下の画像をご覧ください。血管の断面になります。

血管の断面図

ご覧の通り、血管は血の通り道となっている血流からはじまり外に向かって、

内皮細胞内膜中膜外膜

という組織構造となっています。

このうち、血管の内皮細胞内膜で起こるある異常が動脈硬化の原因となります。

そのある異常とはズバリ、コレステロールなどの脂肪物質の蓄積です。

このうち内皮細胞には高血圧糖尿病などで血管に負荷がかかり傷つくことで、その傷ついた細胞部分に脂肪物質が蓄積すると言われており血管内壁の組織である内皮細胞や内膜に脂肪物質が蓄積し厚くなることで血管が狭くなり、その部分が血栓となります。

その結果、血流が悪くなり血管の弾力性も柔軟性も同時に失われていきます。これが動脈硬化の正体です。

つまり動脈硬化とは、「血管内壁に脂肪が蓄積することで血流が悪くなり、血管本来の弾力性・柔軟性が失われている状態」というわけです。

安芸守
高血圧と糖尿病さえ気を付けていれば動脈硬化は進行しないんですか?
年を取るにつれて動脈硬化は徐々に進行します。しかしながら高血圧や糖尿病は動脈硬化をより早く進行させて、悪化させてしまう要因になっているのです。
医師守
安芸守
なるほど…。
動脈硬化のはっきりとした原因は分かっていません。しかし進行を悪化させる要因としては高血圧や糖尿病。これ以外に3つの要因があると考えられています。
医師守




動脈硬化の5つの要因とは!?

動脈硬化の原因は特定されてはいません。

しかしながら動脈硬化を促す原因は判明されていますので今回は動脈硬化の要因にどのようなものがあるのかを紹介します。

先ほど紹介した高血圧糖尿病の2つを含めた計5つの要因が存在します。

高脂血症

悪玉コレステロールや中性脂肪、総コレステロール値が高い血液状態。

つまり血が脂っぽいということです。血流悪化の原因が脂肪物質の蓄積ですから、この状態だと動脈硬化になりやすいと言うのは当然です。

喫煙

心筋梗塞といった動脈硬化疾患の発症確率を高めることから、動脈硬化を最も促進させてしまう要因の1つです。

総コレステロールや悪玉コレステロールなどを高めて、善玉コレステロールも減少させてしまうことから高脂血症の促進や血液を凝固させやすくなり、血栓を作る原因にもなります。

別の記事で喫煙の悪影響を詳しく紹介させて頂いています。そちらをご覧下さい。

【第2話】タバコの成分と身体への悪影響
【第2話】タバコに含まれる成分とそこに潜む悪い影響とは!?

下心丸出しでナース子に激怒されてしまった安芸守。帰り道と行き方を教えてもらって後日、明日をつくる健康のお品書きへ再訪した時のお話です。 安芸守こんにちは!ナース子さん。 (相変わらず可愛いな♪) こん ...

禁煙が動脈硬化の促進を低下させるのは言うまでもありませんね。

動脈硬化が気になる人で喫煙している人はすぐに辞めるのが良いでしょう。
医師守

肥満

肥満の人は、血液中の脂肪分が高まる傾向にあることから高脂血症になりやすく、他にも糖尿病など様々な身体に悪影響があります。

また血圧も上がって高血圧にもなりやすく、肥満は動脈硬化になりうる要因全ての原因となるので注意が必要です。

肥満であることを確認するための指標としては「BMI」が最適。

BMIの計測方法は以下の通り。

BMI値=体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)

日本肥満学会が示した基準としては

BMI値 身体状態
19.8~24.2 正常範囲
24.2~26.4 過多体重
26.4以上 肥満

このようになっています。

まずは自身のBMI値を計測して、肥満かどうかを知りましょう。最近では身長など必要数値を入力しておけばBMIを算出してくれる体重計もあります。



便利ですから買い替えを検討している方はぜひ!

高血圧

高血圧は別名で「サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)」と言われている恐ろしい症状です。

自覚症状のないまま進行し動脈硬化などを進行させます。原因は塩分の取り過ぎや先ほど紹介した肥満が主な原因です。

先ほど紹介したように高血圧は血管に脂肪物質が蓄積する原因になります。

糖尿病

血糖値が上がるとインスリンという物質を分泌して血糖値を下げることができます。

インスリンが十分に分泌されず働かないことによって正常に血糖値のコントロールができず、血糖が増えてしまう病気。それが糖尿病

この状態だと血液中の血糖(糖)の量が多いわけですから血管に負担を強いてしまいます。これが先程紹介した血管に脂肪物質が蓄積する原因になるのです。

動脈硬化のこわさとは!?

動脈硬化は「沈黙の病気」と言われる程、静かに進行してきます。

研究によると、この世に誕生した0歳時の頃から動脈硬化の初期病変は見られるそうで、10歳前後から急激に進行をはじめ、30歳代には動脈硬化症として現れているそうです。

つまり初期症状がないまま進行するために全く自覚症状が全くありません。

結果的に人によりますが30~40年以上の沈黙を破り自覚症状が出たときにはもう遅く、後ほど説明する生命に関わる病気が発症・進行している場合がほとんどのため血圧測定や血液検査をはじめ定期的に健康診断を受けることが大切です。

安芸守
怖いですね…動脈硬化。
そうですね。動脈硬化の怖いところは自覚症状がないことこれに尽きると思います。
医師守
安芸守
なにより0歳の頃から既に初期病変が始まっているということに驚きました。
これから説明しますが、動脈硬化は他にも身体の部分に様々な影響を及びます。
医師守
安芸守
血管だけの問題じゃないの!!??
動脈硬化によって起きる血管への悪影響を下にまとめました。
医師守

動脈硬化によって起きる悪影響

  • 脂肪成分の蓄積よって血管内壁が厚くなり血流は悪くなる
  • 同様の理由で血栓が出来て血管がつまってしまう
  • 血流悪化によって血管本来の柔軟性・弾力性が失われてしまう
安芸守
しっかり覚えていますよ!
素晴らしいですね。しかし血管本来の柔軟性・弾力性が失われた結果どうなると思いますか?
医師守
安芸守
えっ!!う~ん…血管が切れるとか…?
正解です!血管に柔軟性・弾力性がなくなっても血流の勢いは変わりませんから血管により負担がかかってしまいます。
その結果、血管が切れて体内で大出血する可能性も高めてしまいます。
医師守
安芸守
脳内出血とかってことですよね💦
そうですね!また血管のつまりによって血流が悪化すると、本来届くべき新鮮な栄養素や酸素が身体全体に行き届きません。
ですから、各臓器に相当なダメージを与えてしまうことも覚えておいて下さい。
医師守
安芸守
動脈硬化は年齢を重ねるごとに進行するっていいましたよね?進行を止めることは不可能なんですか?
残念ながら今の医療技術では動脈硬化の進行を完全に止めることはできません。しかし動脈硬化の進行を遅らせることはできます。
要は動脈硬化の進行を早まらせないことが大切なんです。
医師守
安芸守
動脈硬化の進行を早まらせない方法にはどのようなものがあるのですか?
それについてはナース子さんの講義で詳しく紹介してもらうとしましょう!
医師守
安芸守
えっ!(やった…ニャァ…)
あっ、今喜びましたねwww
医師守
動脈硬化がどのようなものかを知ることができた安芸守。

次に安芸守は動脈硬化の進行を遅らせるための方法を知ることになるのだがそれはまた別のお話…!

しかしナース子さんの講義と知った瞬間の喜びよう…相変わらずですね。

【第6話】動脈硬化の予防方法はこちらから→
次のカルテに続きます→

動脈硬化の予防効果が期待できる3つの方法
【第6話】動脈硬化の進行を抑える!動脈硬化の予防効果が期待できる3つの方法とは!?

こんにちは!安芸守さん!ナース子 安芸守あっ!ナース子さん!こんにちは! 医師守先生から聞きましたよ!動脈硬化について学んだそうですね!ナース子 安芸守が動脈硬化について学んだ記事はこちら!ご覧になっ ...

この記事の出典・参考サイト記事はこちらになります。より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。
医師守

▼スポンサーリンク▼

-健康寿命お役立ち用語

Copyright© 明日をつくる健康のお品書き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.